忍者ブログ
The truth behind truthsとか言ってみるゆとりジェネレーション
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バスティーユ牢獄を襲った民衆は世界史の小テストで100点を取れるか?
という問題設定をしてみる。

食糧危機で不満を抱いたパリの民衆が、7月14日、バスティーユ牢獄へ襲撃したことによって、フランス革命は始まり、その後も民衆の力によって革命は進んでいったっていうのは、まあ世界史の教科書にも書いてあるし、「史実」と言って差し支えないと思う。

そして、その様な経緯の説明の前には、必ず第一身分-第二身分-第三身分、という感じのピラミッドの図が描かれ、人口の1割未満の第一身分・第二身分のために、第三身分が重税に苦しんでいた、というようなことが書かれている。

け ど、当時バスティーユ牢獄を襲撃した人達に、その様な全体認識をきちんと持っていた人は、一体どれほど居ただろうか?いや、皆無とは言わない。特にフラン ス革命なんていうのは、カフェの討議・百科全書・新聞などなどの、メディアによって民衆が上記であげたような知識を啓蒙されたことも原因の一つらしいから ね。

でも、少なくとも全員がそういうきちんとした認識を持って革命に参加していたかというと、そんなことはないんじゃないのかなぁ?詳し くはそれこそ色々調べなきゃいけないけど(当時の識字率とか、襲撃に何割ぐらいのパリ市民が参加したかとか)、半数以上はそんなこと考えてなくて、ただ 「パンをくれない政府むかつく。きっと政府が金を溜め込んでるんだ!」というような認識だったんじゃないかと。

そしてその様な認識は、 まぁ、間違ってると断言する事も出来ないけど、少なくとも世界史のテストで答えたら、100点は絶対にもらえない回答なわけ。何せ当時の政府はむしろイギ リスとの植民地争奪戦争に疲弊して資金難だったわけで、そもそもあのテニスコートの誓いへとつながった三部会は、国王が第一身分や第二身分へも課税出来る ようにするために行われたものだったんだから。

そして重要なのが、そのようにあまり正しい認識を持っていなかった民衆が、「それにも関わ らず!」というか「それ故!」というべきか分からないけど、革命の原動力になり、革命を推し進め、結果人権宣言などの、現在も通用するような偉業を成し遂 げたという事実。この事実を、一体僕らはどう考えればいいのか。

……というようなことを
しっぽのブログ: いつまでもJASRACを悪の魔王に設定してはいけない。
という記事を読んで考えた。

まぁ、別に僕はJASRACがどうなろうが、著作権の制度がどうなろうがうんま興味ないんですけど、ただこの記事の構造が面白かったので。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R